リフォームで気を付けたいこと|中古マンションをリフォームしよう【ピカピカの完璧住宅】

皆満足していますよ

中古にしてよかった!

最初、新築マンションを購入しようとしたんですが、旦那が渋り出して。ケチなのでもっと安く買えるだろうと、中古マンションに目をつけたんです。人が住んでいたこともあって、ところどころ古くなった箇所も見つかったのですが、リフォームすればいいとのアドバイスで物件とリフォームがセットになったものを検討することにしました。話によると、物件を購入する前にリフォームすると、いくらかお得になるそうです。夫の食いつきもよく、悪い話ではないなと本契約。現在、古かったイメージがなくなりとても住みやすい空間になりました。結果的に新築を買うよりお得だし、中古マンションに決めて本当に良かった!

家族のライフスタイルに合わせられるのはかなりいい

売り出し中の新築マンションは仕様がすでに決まっているから、面白みがないよね。かといって、注文住宅を買う余裕もないし、悩みっぱなしだった。そんな時に中古マンションと出会い、部屋を内覧。中は綺麗だったけど、どこかで見たことがある間取りだし、狭い。なんとかできますか?との問いにリフォームができますと案内されました。なんでもライフスタイルの合わせて仕様を自由に決められるとか。スタッフの方と念入りに相談を重ね、今年の4月、家族それぞれが快適に生活できる間取りへ変身した。細部までこだわったから、かなり満足している。

返済がお得になって嬉しい!

中古マンションを購入した後にリフォームすると別々に計算されちゃって高くなるんですね。知らないまま中古マンションを買うところでした(笑)。不動産会社の人のアドバイスで、住宅購入とリフォームを先にして、金利を低くした方が今後の返済が楽になるそうです。正直、今の状態での返済はきついなぁと思っていたんで、負担が減るのはホントにホントに助かります。相談してみるもんですね!

何事も慎重さが大事

いい話だけを聞いて飛びつくと、後で失敗するのは目に見えていますよ。リフォーム目的で中古マンションを購入したのに、結局満足にできなかったなんてこともあります。そうならないためにリフォーム前にチェックしておくところは頭に入れておきましょう。

リフォームで気を付けたいこと

男女

工事できるところを確認する

集合住宅の類なので個人で使用する部分と共有スペースで分かれています。リフォームの場合、できる部分とそうでない部分があるので、書類に記載されている説明事項に目を通しておきましょう。基本は、共有スペースや玄関、廊下はコンクリートを壊して工事をするので、リフォームはできないことになっています。

水まわりを動かせるかチェック

中古マンションのリフォームにあたり、重要視されるのが水まわりの位置です。ただ、配管を通す前に勾配が欠かせないため、移動する距離は限られてしまいます。水まわりをリフォームの対象にしたい場合は、専門会社や不動産会社にできるか否かを確認しておくとトラブルになりません。

広告募集中